October 25, 2019

エストロモン(更年期障害)

エストロモンはプレマリンジェネリックの1つであり、結合型エストロゲンを含んだ更年期障害などに効果のある医薬品です。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、加齢と共に減少し40歳を境にどんどん減少すると言われています。
卵巣の機能低下によりエストロゲンの分泌は低下し、女性としての機能を維持するためにはエストロゲンは欠かせません。

そのため減少する目安である40歳ほどになると更年期障害などを発症すると言われています。

前述したようにエストロモンは結合型エストロゲンを配合した医薬品なので定期的に服用することにより、卵巣が機能低下してしまった女性でもエストロゲンの補充を行い、更年期障害を克服できるようになっています。

医療機関などでも先発薬としてプレマリンが処方されます。
エストロモンは日本でまだ未承認なので購入は通販サイトを使う必要があります。

エストロモン(更年期障害)
目次

エストロモンの特徴

エストロモンはプレマリンと同じ成分をもつジェネリック医薬品です。
このため成分に違いがなく、用量も同じく1錠0.625mgが含まれています。

症状によって服用量が異なりますが、更年期障害に使われる推奨用量としては0.625mg~1.25mgとなっているため、1錠から始めるのが基本です。

エストロモンの効果・効能

エストロモンの有効成分である結合型エストロゲンは人工の卵胞ホルモンです。
卵巣の機能低下によってエストロゲンが減少してしまうものの、結合型エストロゲンとして補充することにより、女性としての機能を取り戻すことができます。

エストロゲンが減少すると女性としての身体の作りが乱れ、それが更年期障害として心身ともに色々な異常が出るようになります。
いわばエストロゲンが減ることによる自律神経の乱れとも言えるでしょう。

加齢と共に減少してしまうエストロゲンを人工的に補充することで、このような更年期障害などを改善する効果があります。
主に次のような症状の場合に、処方される医薬品となります。

  • 卵巣欠落症状
  • 更年期障害
  • 機能性子宮出血
  • 卵巣機能不全症
  • 腟炎

エストロモンの副作用

エストロモンはサプリメントではなく医薬品なので、副作用があります。
副作用はホルモン剤だけでなく全ての医薬品にあるものですが、主作用といって本来の目的の効果のほか、成分が別の形として生じる場合があります。

エストロモンの副作用は次のようなものが挙げられています。

  • 血管浮腫
  • 蕁麻疹や発疹などの皮膚トラブル

このほかに臨床試験では重大な副作用も確認されています。
まれではありますが、次のような症状が出てしまった場合にはすぐに服用を中断して医者の診察を受けるようにしましょう。

  • 足の痛み
  • 足のむくみ
  • 視界が悪い
  • 呼吸困難

これらの症状は血栓症や血栓塞栓症を引き起こしている危険性があります。

エストロモンの注意点

エストロモンを服用するにあたって注意すべき点をここでお話しします。
薬の飲み合わせによっては副作用が強く出てしまったり、そもそも服用してはいけない方などもいるため十分注意して服用するようにしましょう。

  • イプリフラボン
  • 血糖降下剤
  • 副腎皮質ホルモン

上記に上げたものを現在服用している方はエストロモンを服用する際に1度医者に相談してからにする必要があります。

イプリフラボンはエストロゲンの効果を強くする作用があるため、これにより不正出血などの原因になります。
血糖降下剤を現在服用して疾患を治療している場合には、エストロゲンとの相性が悪く、血糖降下剤の効果を薄めてしまう危険があります。
これによって血糖値が上昇する危険があるため注意が必要です。

副腎皮質ホルモンも同じくエストロゲンとの相性が悪いので、治療中の疾患に影響が出る恐れがあります。

これ以外では次にエストロモン自体を服用してはいけない方がいます。
これから紹介するものに該当する方は禁忌として扱われているため、エストロモンを服用することはできません。

エストロモンの服用が禁止されている方

  • エストロゲン依存性腫瘍の方(乳がんや子宮がん)、またその既往歴がある方
  • 血栓性静脈炎、またその既往歴がある方
  • 肺塞栓症、またその既往歴がある方
  • 動脈性の血栓塞栓、またその既往歴がある方
  • 結合型エストロゲンに対してアレルギー反応がある方
  • 妊娠、または妊娠している可能性がある方
  • 肝臓に重病を抱えている方
  • 異常性器出血のある方(明確な診断結果があれば医師に相談)
  • 治療されていない子宮内膜増殖症の方

エストロモンの値段・錠数

結合型エストロゲンを配合したホルモン剤ジェネリックは数多くありますが、エストロモンの配合量は0.625mgの一択となります。

更年期障害の場合に服用する日本での推奨用量は0.625mg~1.25mgとなっているため、状況に応じて増減すると良いでしょう。
100錠単位での購入となり、最大600錠まで購入することが可能となっています。

100錠で3,350円~、600錠購入すれば18,370円となり1錠単価でも33円から30円までお得になる計算になります。

まとめ

日本でも処方されるプレマリンのジェネリックがエストロモンです。
残念なことに更年期障害に悩む女性は年々増加傾向にあり、多くの女性が更年期障害の症状に苦しんでいます。

継続してホルモンを摂取しておくことでバランスが保たれ、更年期障害の症状を緩和することができますが、治療を続けるために通院していては毎回医療費がかさみ、チリも積もれば山となってしまいます。

通販サイトを利用して診察などを行わずジェネリックであるエストロモンを購入することで医療費を抑えることができます。
症状に悩む方は1度通販サイトを利用してみるのも良いでしょう。

排卵誘発剤などの医薬品に関して
不妊治療でも使われる「排卵誘発剤」。

コダカラン(排卵誘発剤)
ユニークな名前のコダカランは妊娠するために必要な排卵を促す効果のある排卵誘発剤です。

フェルトミッドは先発薬であるクロミッドのジェネリック医薬品になります。 製薬メーカーでも知名度の高いシプラ社が製造から販売までを手掛ける排卵誘発剤となります。

クロメン(排卵誘発剤)
クロメンは妊娠をサポートする排卵誘発剤の1つです。排卵障害などで自然な妊娠が出来ない方の治療に排卵誘発剤は使用され、受精が可能な良質な卵子を育て排卵を促します。

プロベラ(女性ホルモン剤)
プロベラは、ファイザー製薬が開発販売している女性ホルモン剤です。

マレフェMTFは、インドに拠点を置くウエストコースト社が開発販売している女性ホルモン剤です。

カベルゴリン(不妊治療)
カベルゴリンは日本でもサワイからカベルゴリン錠として販売されている医薬品です。 今日紹介するのは同じ成分を含んだサンファーマ社から販売されている製品になります。

TOP