October 25, 2019

プレマリン(更年期障害)

プレマリンは結合型エストロゲンが成分の経口薬です。
経口薬として女性ホルモンのエストロゲンを体内に取り入れることで、卵巣機能の低下によるエストロゲン不足を補うことができます。

エストロゲンは40歳前後で減少します。
これは加齢によって卵巣機能の低下が起こるためと言われています。

エストロゲンと呼ばれるホルモンは女性機能を正常に保つために必須なホルモンなので不足することで「更年期障害」として、身体や精神ともに異変を引き起こします。

プレマリンはプレマリン錠として産婦人科や専門のクリニックで処方してもらうことができます。
通販サイトを使って購入すれば、まったく同じ商品を通院不必要で購入することが可能となっています。

プレマリン(更年期障害)
目次

プレマリンの特徴

プレマリンのジェネリック医薬品は多く存在しますが、同じ成分を持つ結合型エストロゲンでもプレマリンはその先発薬にあたります。
世界的にも有名な製薬会社、ファイザー社が開発したホルモン剤となります。

先発薬となっているため少し高額な薬代となっていますが、安全性・安心性ともに先発薬に勝るものはないでしょう。
白い丸型の形状をしており、ごく一般的な錠剤なので飲みにくさなどもなく更年期障害や卵巣機能の低下を改善することができます。

プレマリンの効果・効能

有効成分である結合型エストロゲンは、女性の身体の中で生成されるエストロゲンと同じ働きをします。
本来であれば女性の体内で自動的に生成されるこのエストロゲンですが、加齢と共に卵巣も弱まっていくため機能しなくなっていきます。

すると女性本来の機能に必要なエストロゲンが分泌されなくなってしまい、これによって更年期障害や卵巣機能低下などの弊害が発生します。

プレマリンを服用することで、エストロゲンを体内に補充し、エストロゲン不足による更年期障害などを改善することが可能です。
主に日本の産婦人科などでは以下のような疾患に処方します。

  • 卵巣欠落症状
  • 更年期障害
  • 機能性子宮出血
  • 卵巣機能不全症
  • 腟炎

プレマリンの副作用

プレマリンを服用するにあたって副作用には注意しなければいけません。
主作用とともに副作用のあるプレマリンですが、比較的軽度の症状なので重く考える必要はありません。

しかし副作用が強くなってしまう場合や、身体に異変を感じる場合には1度服用を辞めて産婦人科や専門クリニックなどで診てもらうようにしましょう。

プレマリンの副作用は以下の通りです。

  • 血管浮腫
  • 蕁麻疹や発疹などの皮膚トラブル

このほか、プレマリンを開発時に臨床試験を行った際、重大な副作用も確認されています。
以下のような症状が表れた場合には、服用をすぐにやめてなるべく早く医師に診てもらってください。

  • 足の痛み
  • 足のむくみ
  • 視界が悪い
  • 呼吸困難

これらの症状は重大な副作用として報告されている、血栓症や血栓塞栓症を引き起こしている危険性があります。

プレマリンの注意点

副作用の次はプレマリンを服用する上で注意すべきことを書きます。
薬の飲み合わせによって現在治療中の病気に影響が出てしまったり、副作用が強く出てしまう場合があるため注意する必要があります。

またプレマリンの成分自体が身体に合わなかったり、服用を禁止されている場合もあるため、必ず確認してから服用するようにしましょう。

  • イプリフラボン
  • 血糖降下剤
  • 副腎皮質ホルモン

上記で紹介した成分や薬を現在服用している方はプレマリンを服用する前に医師に相談してからが安全です。

イプリフラボンはエストロゲンの効果を強めてしまい、不正出血などの原因になります。
血糖降下剤との併用は、プレモンのエストロゲンによって阻害され、血糖値が上昇してしまい治療中の疾患に影響を与える恐れがあります。
副腎皮質ホルモンも同様に、エストロゲンによって阻害されるため、治療中の疾患に影響を与える可能性があることから注意する必要があります。

次にプレマリンを服用できない方を紹介します。
以下で紹介するものに該当する方は、服用することが医療機関で認められていないので、服用してはいけません。

  • エストロゲン依存性腫瘍の方(乳がんや子宮がん)、またその既往歴がある方
  • 血栓性静脈炎、またその既往歴がある方
  • 肺塞栓症、またその既往歴がある方
  • 動脈性の血栓塞栓、またその既往歴がある方
  • 結合型エストロゲンに対してアレルギー反応がある方
  • 妊娠、または妊娠している可能性がある方
  • 肝臓に重病を抱えている方
  • 異常性器出血のある方(明確な診断結果があれば医師に相談)
  • 治療されていない子宮内膜増殖症の方

プレマリンの値段・錠数

先発薬のプレマリンはジェネリックと違い、用量が0.625mgのみの設定になっています。
更年期障害でプレマリンを服用する場合には、推奨用量として0.625mg~1.25mgの範囲内となっているため、症状に合わせて2錠服用するなり範囲内にとどめておけば問題ありません。

28錠から購入可能となっており、最大280錠まで購入することができます。
一番最安値で28錠、2,700円~購入可能ですが、280錠を購入することで18,900円となり、1錠計算で約30円ほどお買い得となります。

まとめ

まとめとしてプレマリンは日本の産婦人科やクリニックなどで女性特有の悩みを解決するために処方される薬です。
特にジェネリックに抵抗のある日本人では、先発薬を好む傾向にあるため、更年期障害や卵巣機能が低下して悩んでいる女性にとってはプレマリンが非常に有効です。

通販サイトでもまったく同じプレマリンを診察や通院などを必要とせずに購入することができます。

これによって時間の短縮や通院時のストレス、そして何より一番大切であろう医療費の削減に繋がるので、現在エストロゲン剤を服用している、もしくは更年期障害が辛く日常生活に影響が出ている、そんな女性は1度安全性の保証されたプレマリンを購入してみるのが良いでしょう。

排卵誘発剤などの医薬品に関して
不妊治療でも使われる「排卵誘発剤」。

コダカラン(排卵誘発剤)
ユニークな名前のコダカランは妊娠するために必要な排卵を促す効果のある排卵誘発剤です。

フェルトミッドは先発薬であるクロミッドのジェネリック医薬品になります。 製薬メーカーでも知名度の高いシプラ社が製造から販売までを手掛ける排卵誘発剤となります。

クロメン(排卵誘発剤)
クロメンは妊娠をサポートする排卵誘発剤の1つです。排卵障害などで自然な妊娠が出来ない方の治療に排卵誘発剤は使用され、受精が可能な良質な卵子を育て排卵を促します。

プロベラ(女性ホルモン剤)
プロベラは、ファイザー製薬が開発販売している女性ホルモン剤です。

マレフェMTFは、インドに拠点を置くウエストコースト社が開発販売している女性ホルモン剤です。

カベルゴリン(不妊治療)
カベルゴリンは日本でもサワイからカベルゴリン錠として販売されている医薬品です。 今日紹介するのは同じ成分を含んだサンファーマ社から販売されている製品になります。

TOP